読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛小説 r18

恋愛小説 r18

|恋愛小説 r18

片思い小説は、為になるな〜


こんな話があったら読みたいですか? 何度も同じ質問をしてるか
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13158342258
こんな話があったら読みたいですか? 何度も同じ質問をしてるかもしれませんが、ずっと前に書いた小説の概要です。一応完結してますが、これが一番まともなものだと思います。個人的には気に入ってる話です。 もともと二次創作なのですが話の内容が独特で少しわかりづらいと思います… Aは数ヶ月前、自分が片思いしていたBと喧嘩をする。Bに暴言を吐いた数日後、彼女は子供を助けようとして電車にはねられて死んでしまった。その日はクリスマスイブで、Aの誕生日だった。 今まで信じてた人たちに裏切られ、それを引きずって生きてきたA。夢の中でBに話しかけるも、彼女の死がトラウマで名前すら言えない。Bは後ろを振り向いて笑顔で何も言わず、立ち去っていった。 それをみて、Aをどうにか助けてあげられないかと考えてい
た親友C。彼はエロ漫画家をしているが、そのファンであるという台湾人留学生Dと電車で出会う。Dと会話をしているうちにこのことに気づいた。 「Aが日本語でBの名前が言えないなら、中国語の発音で言って仕舞えばいい」 そのことを考え、またBに似ていたDを休日、Aとあわせることにした。休日になり、AとDは初めて会ったが、AはDにBの面影を感じ、少し辛いようだ。 アパートの空室の話(A、B、Cは同じアパート暮らし)の話になり、そこでBの話題が出る。 「Bのことをネットニュースで見た」 そう言ったDは、AにBの名前の中国語発音を教える。これがCの目的だった。 「日本語ではないが、ちゃんとBの名前を言える」 そうおもったAは嬉しく思い、それ以降彼女の名前を中国語発音で呼ぶようになった。 AがBの名前を中国語発音で口ずさんで眠った夜、Aの元にBが現れた。Aは何となくBのことを中国語発音で呼んでしまう。喧嘩し\xA4
燭泙淹爐鵑\xC0Bは、「はぁ?」と返す。「まったく」次に続くのは拒絶の言葉か。そう思ったら、 「まったく、私はAさんに色々な苦痛を与えてたみたいですね」 そこからはBの独白で、自分がDを見ていたこと、もうAを許したことなどを明かした。その許しの声で、Aはやっと日本語でBの名前が言えるようになる。 「実はBは自分を嫌いながら死んでいったのではないか。」 そう思っていたことで日本語発音ができなかったのだと気づく。AはBについて行こうとする。だが彼女は「ここは彼岸だから」といって拒否する。悲しくなったAは今までの恋心をぶつけるつもりで、Bにキスをした。Bは驚くがそれを許し、別れを告げて去って行った。 翌朝、Aは心地よい目覚めで起きた。別れの時間は短いようで長かった。 それから数日後、Bの両親から感謝の手紙が届く。 「Bは日記の最後の日にこう書いていました。”明日はAさんの誕生日(イブであり、Bの命日)だ。今まで世話をしてくれた恩人だ。喧嘩してしまったが
、盛大に祝おう。感謝の心を持って。”」
[エンターテインメントと趣味|本、雑誌|読書]
さすが!ベストアンサー↓
「詩」だろうが「小説」だろうが、はたまた「あらすじ」だろうが…… 俺が貴方の文章に対して感じるのは、入りにくさなんだよ。 読んでる側の脳裏に情景が立ち上がらない、いつまでも活字を追わされている感じ……つまり、疲れる。 キャラか情景のどちらかが、焦点を結んでいないと、長い分量読ませるのは厳しいんじゃないのかなぁ。 ※ここでは、ghoul_simpleというPNが、先行して「疲れる文章を書く人」というイメージを生んでる可能性もある。 つまり、過去に貴方が知恵袋にあげた「詩」が俺に、マイナスの影響を与えているのかもしれない。 この働きは、商業出版の場でも同じように現れるので注意が必要ですね。

おすすめ小説を教えてください。http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7930929.html以前は推理小説\xA4
ⅴイ④世辰燭里任垢❶∈廼瓩呂修Δ任發覆い任后\xA3 以下、好きな小説。 黄色い目の魚 佐藤多佳子 自分が絵を描くのが好きだからか、絵を描く人間の心情がとても共感で...

瑣末なところはさておき、きっと恋愛という分類において考えこんでいる人がいっぱいいるでしょう。けど、それって多分、過剰に悩みすぎだと実感しています。
女の子向けの月刊誌では、常時多数の恋愛方程式が案内されていますが、あまり大きな声では言えませんが総じてリアルでは活用できないこともありますが、それも無理はありません。
ネイティブによる英会話教室やジム通いなどスクール通いをしてみたいという希望があるのなら、それも正真正銘の出会いの宝箱です。同僚と二人じゃなく、単身で足を運ぶほうが見込みがあるでしょう。
知っている人は知っている。恋愛には目標達成する確かな攻略法が利用されています。男性に奥手という女性でも、正攻法の恋愛テクニックを教えてもらえば、出会いを作り、当然順調にお付き合い出来るようになります。
出会いの誘因さえあれば、有無をいわさずお互い好きになれ
るなどという調子の良い話はありません。つまり、恋愛感情を抱いたなら、どういったイベントも、二人の出会いの空間へと昇華します。





両片思いアンソロジー「金のロベリア」